らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
<< 朱葉会会員 小山静江さん 2018の作品 estrella<花形> | main | 梅が満開です >>
淡路島産のレモンとライムで
昨日から2018年の神戸ルミナリエが始まり、いよいよ今年もあとわずかの感。景色も気温も冬らしくなってきました。
喉の調子が気になる頃でもあります。近頃常備しているのがレモンのハチミツ漬け。輸入レモンは防カビ剤などが気になるので、国産レモンを取り寄せることにしました。国産レモンの産地は広島と小豆島が有名ですが、淡路島でも栽培していると知り、早速注文。ライムも試しに購入しました。

レモンもライムも、外国産に比べて、酸味、苦味ともにマイルドでした。新鮮だからか果汁たっぷりでみずみずしく、搾るたびに爽やかな香りが広がります。皮ごと食べても安全とのこと。ドレッシングに、揚げ物に、マリネに、お菓子にと大活用です。

レモンは、アレンユーレカレモンとマイヤーレモンの2種類。通常「レモン」と呼んでいるのはアレンユーレカレモンだそうです。マイヤーレモンはレモンとオレンジの交配種とのことで、酸味、苦味が少なく甘い香り。ハチミツ漬けにはこちらが合いました。

皮ごと食べられるならと、レモンマーマレード作りにも挑戦。ただ、ずぼらな私は皮をむいて細く薄くきれいに刻むことなど考えただけでも面倒です。もともとビタータイプのマーマレードが好きなのと、外国産よりも苦味が薄いのだから茹でこぼししなくても大丈夫だろうと、皮と実を分けずに丸ごとスライサーでスライスして煮てしまいました。これが大成功(私にしては)! 煮崩れて不揃いですが、味は酸味も苦味も程よく、自家用ならこれで充分。この作り方なら、マーマレード作りも苦になりません。
レモンマーマレード
ライムも同じように煮てみたら、さっぱりとした爽やかなマーマレードになりました。
ライムマーマレード

料理などで果汁を絞った後のレモンやライムも、凍らせればスライサーでスライスできるので、マーマレードにしています。

国産レモンは高いイメージがありますが、鮮度の良さ、安全性、皮ごと食べられる=栄養が摂れる、日本の農家を活性化、などを考えると、やっぱり国産レモンの方を買いたいと思います。願わくば、取り寄せるのではなく、国産レモンが外国産レモン並みの値段で近所のお店で買えるようになるといいんですけどね。

レモンマーマレード
作りたての熱いマーマレードをアイスクリームにかけて食べるのもおすすめです
日々雑感 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント▼

投稿する▼








トラックバック▼
トラックバックURL:http://blog.raims.info/trackback/1171017