らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
<< 塩蔵わかめと乾燥わかめ。今は新物の塩蔵わかめが気に入っています | main | 幹に咲くサクラ花 >>
楽しや、小豆餡作り
実はあんこ好き。自分で餡を作るのは難しいし面倒と思っていたけれど、ある日気まぐれに小豆を買ってしまったので、仕方なく煮てみたら……思っていたより簡単! すっかりあんこ作りが気に入ってしまいました。なかなかきれいなふっくらした煮上がりにはならないのですが、家で食べるだけだから皮が破れていようが、煮崩れていようが、まあいいか、と気楽にやっています。
手順は簡単ですが、火から離れられないのが難点。そこで、茹でこぼした後は保温鍋に入れて放ったらかしにしています。これが気楽にあんこ作りができるようになったポイント。皮が固い豆の時は特に、この方が柔らかくなる気がします。

材料も、甘さ加減も好き勝手に加減しています。
小豆は小粒、大粒、大納言、産地もいろいろありますし、お砂糖も上白糖、きび砂糖、三温糖など、変えてみるのが面白いです。
また、お砂糖を加える前に取り分けておけば、茹で小豆としてお赤飯やお料理に使えます。お砂糖を加えてからは、練り上げ途中でぜんざいにしたり、熱々のトロリとしたあんこをアイスクリームやホットケーキにかけたりできるのも自分で作るからこそ。練り上げたあんこは、あんみつ、どら焼き、あんトーストに、と大活躍です。
一度にこんなに? と思われるでしょうけど、小豆一袋、例えば300gを煮ると約900gの餡ができてしまうのですよ! もちろん、こんなに食べられませんから、小分けして冷凍しています。

あんこ
プロに撮影してもらいました。おかげであんこが美味しそうに見える! ありがとう!
日々雑感 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント▼

投稿する▼








トラックバック▼
トラックバックURL:http://blog.raims.info/trackback/1171005