らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 第4回おさんぽスタンプラリー開催決定 | main | スリッパで暖かく >>
手が疲れないシャープペン
極太・三角・ラバー

現在、大阪の雑貨屋さんめぐりの本を制作中。

どっしりとしたレトロビルにある店に行ったときのこと。
ぐるっと見回すとさまざまなシャープペンが並んでいる。
眺める前に一応、取材依頼の仕事を終え、
お客さんになって心おきなく選び(遊び)、
写真のシャープペンを購入した。



左は、1.3ミリ芯で、握りは三角形、指の当たる黒い部分はラバーが貼ってあり、
無理なく握れる。
普段は0.9ミリの2Bを使っているが、1.3ミリだとHBでも十分な濃さで書ける。
HBなので文字が擦れることもなく、ほんとうに使いやすい。

右は、一方に赤い芯が入れられるシャープペン。
「赤をよく使うのだけどボールペンしかないんですよね」と言ったところ
お店の方が
「シャープペンもありますよ。赤い芯を入れればいいのですから」と。
それは、そうですね。
少しスマート過ぎる雰囲気だけれど、黒と赤の比率が気に入って、
これもよく使っている。

こんなにいいものなのに、どちらも安い。
シャープペンやボールペンのブランド名を覚えるとカッコいいのだけれど、
いつまでも覚えられないのが残念。

ケースには、それこそカッコいい復刻版のペンがあった。
文房具って楽しいですね。
月曜連載 | 13:04 | - | trackbacks(0)
トラックバック▼
トラックバックURL:トラックバック機能は終了しました。