らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 月曜連載 ひょうご ミニ旅:神子畑川にかかる橋 | main | 木曜連載:おいしいNEWS<78>:トルコ料理 ムラート >>
月曜連載 ひょうご ミニ旅:たつの
播磨の小京都は醤油のまち

関東は濃口、関西は薄口醤油と言われますが、
薄口の中でも「龍野淡口醤油」は、江戸時代に生まれたこの地方だけのもの。
播州平野でとれる大豆と小麦、赤穂の塩、
そして超軟水の揖保川の水を使い、
もろみに甘酒を加える製法で作られています。
まろやかで上品なおいしさは、
もう一つの名産品・そうめんによく合います。

うすくち龍野醤油資料館はヒガシマル醤油の旧本社で
醤油蔵だった建物にさまざまな資料や道具が展示してあります。
資料館のある通りをはじめ、周辺の小道には醤油蔵の黒塀が続き、
ぶらぶら歩きのミニ旅にはうれしい風情です。

また、童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風の生誕地なので、
赤とんぼにちなんだ場所を見たり、
赤とんぼの丘にのぼる楽しみもあります。


うすくち龍野醤油資料館

資料館の内部


資料館への道


これも素敵な風景 カネイ醤油の煙突


あかとんぼ交番

※写真は2年前のものも含みます
月曜連載 | 12:18 | - | trackbacks(0)
トラックバック▼
トラックバックURL:トラックバック機能は終了しました。