らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
淡路島産のレモンとライムで
昨日から2018年の神戸ルミナリエが始まり、いよいよ今年もあとわずかの感。景色も気温も冬らしくなってきました。
喉の調子が気になる頃でもあります。近頃常備しているのがレモンのハチミツ漬け。輸入レモンは防カビ剤などが気になるので、国産レモンを取り寄せることにしました。国産レモンの産地は広島と小豆島が有名ですが、淡路島でも栽培していると知り、早速注文。ライムも試しに購入しました。

レモンもライムも、外国産に比べて、酸味、苦味ともにマイルドでした。新鮮だからか果汁たっぷりでみずみずしく、搾るたびに爽やかな香りが広がります。皮ごと食べても安全とのこと。ドレッシングに、揚げ物に、マリネに、お菓子にと大活用です。

レモンは、アレンユーレカレモンとマイヤーレモンの2種類。通常「レモン」と呼んでいるのはアレンユーレカレモンだそうです。マイヤーレモンはレモンとオレンジの交配種とのことで、酸味、苦味が少なく甘い香り。ハチミツ漬けにはこちらが合いました。

皮ごと食べられるならと、レモンマーマレード作りにも挑戦。ただ、ずぼらな私は皮をむいて細く薄くきれいに刻むことなど考えただけでも面倒です。もともとビタータイプのマーマレードが好きなのと、外国産よりも苦味が薄いのだから茹でこぼししなくても大丈夫だろうと、皮と実を分けずに丸ごとスライサーでスライスして煮てしまいました。これが大成功(私にしては)! 煮崩れて不揃いですが、味は酸味も苦味も程よく、自家用ならこれで充分。この作り方なら、マーマレード作りも苦になりません。
レモンマーマレード
ライムも同じように煮てみたら、さっぱりとした爽やかなマーマレードになりました。
ライムマーマレード

料理などで果汁を絞った後のレモンやライムも、凍らせればスライサーでスライスできるので、マーマレードにしています。

国産レモンは高いイメージがありますが、鮮度の良さ、安全性、皮ごと食べられる=栄養が摂れる、日本の農家を活性化、などを考えると、やっぱり国産レモンの方を買いたいと思います。願わくば、取り寄せるのではなく、国産レモンが外国産レモン並みの値段で近所のお店で買えるようになるといいんですけどね。

レモンマーマレード
作りたての熱いマーマレードをアイスクリームにかけて食べるのもおすすめです
日々雑感 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0)
朱葉会会員 小山静江さん 2018の作品 estrella<花形>

秋には創立100年を迎える女流画家の会・朱葉会。
その第97回展に出品された小山静江さんの作品をご紹介します。
長年に亘って描き続けているフラメンコシリーズの新作で
タイトルはestrella<花形>。今年も凜とした女性が見られます。

過去の作品はこのブログでも毎年ご紹介しています(※下記参照)。
朱葉会展は毎年6月に東京都美術館で開かれます。
来年はぜひ会場で実物を、と思われる方は
朱葉会HP http://www.shuyoukai.com でご確認ください。



2015年



2010年


※過去のブログ
第96回朱葉会展 小山静江さん 2017の作品<baile 踊り>
第95回朱葉会展 小山静江さん 2016の作品<luz 光>
第94回朱葉会展 小山静江さん 2015の作品<fiesta>
第93回朱葉会展 小山静江さん 船岡賞受賞 2014の作品<gracia 優美さ>
第92回朱葉会展 小山静江さん 2013の作品<nostalgia 郷愁>
第91回朱葉会展 小山静江さん 2012の作品<alegria 喜び>
その他のニュース | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0)
福田十糸子展「日常の青」
福田十糸子さんの個展が京都のギャラリー「マロニエ」で開催されます。
今回はどんな福田十糸子ワールドが創造されるのか、わくわくします。

福田十糸子 paper works
ー日常の青ー
2018年6月5日〜17日
12:00〜19:00(日曜は18:00まで)月曜休廊
ギャラリー マロニエ/京都市中京区河原町四条上ル塩屋町

*3階のショップ内でガラスケース ミニ展を同時開催。
こちらは6月1日〜7月31日まで。


福田十糸子展「日常の青」
その他のニュース | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0)
甘夏マーマレードとピール、そしてアスパラガス
友人のご両親から、今年も甘夏マーマレードと甘夏ピールのチョコレートがけをいただきました。甘夏マーマレードをいただくようになって、もう何年でしょうか。我が家の食卓に春を告げるのは、このおいしい甘夏マーマレードです。

箱
ラッピングも素敵で、楽しみの一つです。

箱を開けたら
ラッピング
今年は、いつもと少し雰囲気が違って感じられました。
トレードマークの手作りラベルは今年もバッチリ!
パッケージ
マーマレード

ふたを開けると、金色に輝くマーマレードがお目見え。美しく切りそろえられた甘夏のピールが、飴色に煮詰められています。口に入れると、やわらかな食感。噛むほどに爽やかな苦味と甘みが広がります。
私は、ちょっと苦味のあるマーマレードが好きなのですが、今年の甘夏マーマレードの苦味は、まさに私好みです。そして、毎年思うことですが、これだけ煮詰めているのにフレッシュさを感じるのが不思議です。こんなに爽やかなマーマレードは、他にないように思います。少なくとも、私が今まで食べたマーマレードの中ではダントツにみずみずしくきれいな味がします。

甘夏ピールも早速開封してしまいました。今年は去年のものより太めな気がします。その分、食べ応えがあり、力強さを感じます。グラニュー糖のざらっとした口当たりとチョコレートの風味が柔らかな甘夏ピールと混ざり合って、贅沢なお菓子になっています。手間がかかっていることを思うと、ゆっくり少しずつ味わわなければと思いますが、美味しいので、ついまた一つと手が出てしまうのが困りものです。

そして、今年はアスパラガスも!
アスパラガス
畑で朝収穫したばかりという(これは友人が摘み取ってくれたとのこと)新鮮なアスパラガスです。いただいた日の夕食に早速いただきました。新鮮だとこんなに違うものかと驚くほど、香りがあり味が濃く、とても美味しい。家族も「舌は正直だね」と美味しいを連発しながら食べていました。アスパラガスのために畑が欲しくなるほどです(笑)

毎年、こんなに美味しい贈り物をいただくなんて、本当に贅沢です。誰かが心を込めて作ってくれたものをいただくと、美味しさだけでなく幸せも感じます。それが、贅沢で素敵なことだと思うのです。いつか私も贈り主になれたらいいなと願いつつ、甘夏マーマレードを大事に味わいます。
日々雑感 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0)
あんこパウンドケーキ
そば粉入りの生地に自家製あんこを混ぜたパウンドケーキをオーブントースターで焼きました。

あんおパウンド
福田十糸子さんの作品とともに
日々雑感 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0)
トースターでパウンドケーキ作りを続行中
懲りもせず、トースターでケーキを焼き続けています。
今は、口当たりの良い生地を目指して、材料を混ぜる際の乳化をよくしようと
試行錯誤しています。試食で太りそう。

レモンケーキ
レモンシロップを染み込ませたレモンケーキ。シロップの染み込みを
よくするために竹串で数カ所刺し、中央に切り目を入れました
日々雑感 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0)
桜は、ばら科
桜
日々雑感 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0)
幹に咲くサクラ花
春は、サクラ。
例年にない暖かさで、あっという間に満開。
あわててしまいましたが、
名所まで遠出しなくても楽しめるのがサクラのよさですね。

空に広がる薄紅色を見上げるのもいいけれど、
今年は、「幹に咲く花」をテーマにして楽しみました。



幹に直接咲くことを「胴吹き」というそうです。胴吹き桜。もう少し趣のある言葉がよかった‥…
日々雑感 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0)
楽しや、小豆餡作り
実はあんこ好き。自分で餡を作るのは難しいし面倒と思っていたけれど、ある日気まぐれに小豆を買ってしまったので、仕方なく煮てみたら……思っていたより簡単! すっかりあんこ作りが気に入ってしまいました。なかなかきれいなふっくらした煮上がりにはならないのですが、家で食べるだけだから皮が破れていようが、煮崩れていようが、まあいいか、と気楽にやっています。
手順は簡単ですが、火から離れられないのが難点。そこで、茹でこぼした後は保温鍋に入れて放ったらかしにしています。これが気楽にあんこ作りができるようになったポイント。皮が固い豆の時は特に、この方が柔らかくなる気がします。

材料も、甘さ加減も好き勝手に加減しています。
小豆は小粒、大粒、大納言、産地もいろいろありますし、お砂糖も上白糖、きび砂糖、三温糖など、変えてみるのが面白いです。
また、お砂糖を加える前に取り分けておけば、茹で小豆としてお赤飯やお料理に使えます。お砂糖を加えてからは、練り上げ途中でぜんざいにしたり、熱々のトロリとしたあんこをアイスクリームやホットケーキにかけたりできるのも自分で作るからこそ。練り上げたあんこは、あんみつ、どら焼き、あんトーストに、と大活躍です。
一度にこんなに? と思われるでしょうけど、小豆一袋、例えば300gを煮ると約900gの餡ができてしまうのですよ! もちろん、こんなに食べられませんから、小分けして冷凍しています。

あんこ
プロに撮影してもらいました。おかげであんこが美味しそうに見える! ありがとう!
日々雑感 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0)
塩蔵わかめと乾燥わかめ。今は新物の塩蔵わかめが気に入っています
新物が出ていたので、久しぶりに塩蔵わかめを購入。わずか3分の塩抜きでみずみずしく柔らかな美味しさを味わえるなら、とリピートしています。お味噌汁に入れる場合は、新物だからか、さっと塩を落としただけで塩抜きしなくても大丈夫。でも、急いでいる時は乾燥わかめに助けられます。

新物塩蔵わかめ

新物塩蔵わかめ
日々雑感 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/60 PAGES | >>