らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本、暮らしに関する実用書の企画・制作全般と、グルメ本・旅行雑誌・店ガイドなどの取材・執筆をしています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ショップギャラリーtopics/らいむすブログ

Topics らいむすブログ

日々のできごととニュースを綴ります。ちょっと気ままな連載記録も…。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
今日はチンジャオロースー
きれいなカラーピーマンが手に入ったので
今日はチンジャオロースー。

陳建太郎さんのレシピで覚えたのですが、
最後にネギのみじん切りを混ぜ込むと美味しく仕上がります。


- | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0)
今年もあまなつマーマレードをいただきました
今春の桜も散り始め、少し寂しく思っていたところ、
食卓に春が舞い込んできました。
すっかり毎年の楽しみになっている、あまなつマーマレードが届いたのです!
あまなつピールのチョコレートがけも一緒に。

今年はなんと、大瓶!
他所より多く送ってくださったそうで、
私が食いしん坊なのがバレています(汗)

2019あまなつマーマレード

今年の初めに妹から無農薬の夏みかんが送られてきたので
真似をしてマーマレードに挑戦しましたが、とっても大変! 
あまなつマーマレードのレシピを教えていただいてわかったのですが
とてもとても丁寧に時間をかけて作っておられて、
市販の本に載っているレシピとは違う工夫がされていました。
だから、他にない美味しさなのだと納得しました。

何しろ、風味が違う! 煮込んでいるのに果物のみずみずしさ、
香りが感じられ、後味も爽やかです。
ピールのお菓子は洋酒を加えて風味良く仕上げているそうですが
マーマレードはシンプルにあまなつとお砂糖だけの材料で
どうしてこんなに豊かなマーマレードができるのか不思議です。

2019あまなつピール

このあまなつマーマレードの製作者である「よっちゃんばぁば」は
友人のお母さん。皮を刻んだり、ラベルを作ったりと
影の製作者はお父さんです。
お二人とも、年齢と共にマーマレード作りが大変になってきたそうです。
私も自分で試してみてわかりましたが、かなりの仕事量なので、
年齢がいくつでも大変と思います。

厚かましいけれど、来年もこの美味しさを味わいたい。
でも、マーマレード作りを気苦労に思われたり、
体にご負担になっては、と複雑な思いです。
友人が、ご両親の味を受け継いでくれたらいいんだけどなぁ。
日々雑感 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0)
さくら 満開
4月7日 日曜日

花を見に | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0)
さくら前線、どこまで(2)
先々週、3月8日にさくらの写真を撮ったときは、
4、5日単位で、さくらの開花を追うつもりだったのに
気づいたら、神戸は27日に開花宣言。

昨日、近所の桜並木に出かけてみました。





天気予報で解説していましたが、
さくらは、開花の時期と満開の時期に関係があるそうで、
神戸の開花日・3月27日から予想すると
満開は、4月8日の木曜日頃だそうです。
日々雑感 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0)
さくら前線 どこまで?
梅も終わりに近く、桜が気になる今日このごろです。
今年の開花は早いとか。
3月8日、近所の桜並木のつぼみは、この程度になりました。

日々雑感 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0)
夏みかんマーマレードに挑戦!
妹から夏みかんのおすそ分けが届きました。
隣家で実ったものをいただいたそうで、無農薬の立派な夏みかんです。
皮も安心して食べられるならと夏みかんマーマレードを作ってみることに。
マーマレードといえば、毎年友人のご両親からいただくあまなつマーマレードを
当ブログでご紹介していますが、実は昨年は作り方も教えていただきました。
そのレシピを読んで驚いたのは、3日もかけて作っておられること。
あの味は、想像以上に手間暇かけて作られていました。

さて、無謀と思いつつ、教えていただいたレシピを参考に
マーマレード作りに挑戦です。
しかし、都合上3日はかけられないので、
はしょってなんとか1日で済まそうとしています。

それにしても、夏みかんを解体する作業だけでもかなり大変!
皮をきれいに刻むのも一苦労です。
友人のご両親が作っておられる分量は
この何倍、何十倍かと思うと気が遠くなります。
私はもう挫折しそう……

夏みかん
日々雑感 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0)
探梅行

JUGEMテーマ:日記・一般



満開の梅を見た昨日、テレビの俳句バラエティーで「探梅」という季語を知りました。早咲きの梅を探すことらしく、「探梅行」とも。
今日の梅の木、いつ頃から咲いているのだろうか、来年は一月初めから行ってみようと思いました。



家の近くの梅の木は、まだ、この程度


ちなみに、テレビで詠まれた芸人・藤本サンの句

  村営バス 逃して不意に 探梅行

講師・夏井センセイの添削
 
  村営バス 逃しひとりの 探梅行
花を見に | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0)
梅が満開です

JUGEMテーマ:日記・一般





散歩に出たら満開の梅に遭遇
もう春です
花を見に | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0)
淡路島産のレモンとライムで
昨日から2018年の神戸ルミナリエが始まり、いよいよ今年もあとわずかの感。景色も気温も冬らしくなってきました。
喉の調子が気になる頃でもあります。近頃常備しているのがレモンのハチミツ漬け。輸入レモンは防カビ剤などが気になるので、国産レモンを取り寄せることにしました。国産レモンの産地は広島と小豆島が有名ですが、淡路島でも栽培していると知り、早速注文。ライムも試しに購入しました。

レモンもライムも、外国産に比べて、酸味、苦味ともにマイルドでした。新鮮だからか果汁たっぷりでみずみずしく、搾るたびに爽やかな香りが広がります。皮ごと食べても安全とのこと。ドレッシングに、揚げ物に、マリネに、お菓子にと大活用です。

レモンは、アレンユーレカレモンとマイヤーレモンの2種類。通常「レモン」と呼んでいるのはアレンユーレカレモンだそうです。マイヤーレモンはレモンとオレンジの交配種とのことで、酸味、苦味が少なく甘い香り。ハチミツ漬けにはこちらが合いました。

皮ごと食べられるならと、レモンマーマレード作りにも挑戦。ただ、ずぼらな私は皮をむいて細く薄くきれいに刻むことなど考えただけでも面倒です。もともとビタータイプのマーマレードが好きなのと、外国産よりも苦味が薄いのだから茹でこぼししなくても大丈夫だろうと、皮と実を分けずに丸ごとスライサーでスライスして煮てしまいました。これが大成功(私にしては)! 煮崩れて不揃いですが、味は酸味も苦味も程よく、自家用ならこれで充分。この作り方なら、マーマレード作りも苦になりません。
レモンマーマレード
ライムも同じように煮てみたら、さっぱりとした爽やかなマーマレードになりました。
ライムマーマレード

料理などで果汁を絞った後のレモンやライムも、凍らせればスライサーでスライスできるので、マーマレードにしています。

国産レモンは高いイメージがありますが、鮮度の良さ、安全性、皮ごと食べられる=栄養が摂れる、日本の農家を活性化、などを考えると、やっぱり国産レモンの方を買いたいと思います。願わくば、取り寄せるのではなく、国産レモンが外国産レモン並みの値段で近所のお店で買えるようになるといいんですけどね。

レモンマーマレード
作りたての熱いマーマレードをアイスクリームにかけて食べるのもおすすめです
日々雑感 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0)
朱葉会会員 小山静江さん 2018の作品 estrella<花形>

秋には創立100年を迎える女流画家の会・朱葉会。
その第97回展に出品された小山静江さんの作品をご紹介します。
長年に亘って描き続けているフラメンコシリーズの新作で
タイトルはestrella<花形>。今年も凜とした女性が見られます。

過去の作品はこのブログでも毎年ご紹介しています(※下記参照)。
朱葉会展は毎年6月に東京都美術館で開かれます。
来年はぜひ会場で実物を、と思われる方は
朱葉会HP http://www.shuyoukai.com でご確認ください。



2015年



2010年


※過去のブログ
第96回朱葉会展 小山静江さん 2017の作品<baile 踊り>
第95回朱葉会展 小山静江さん 2016の作品<luz 光>
第94回朱葉会展 小山静江さん 2015の作品<fiesta>
第93回朱葉会展 小山静江さん 船岡賞受賞 2014の作品<gracia 優美さ>
第92回朱葉会展 小山静江さん 2013の作品<nostalgia 郷愁>
第91回朱葉会展 小山静江さん 2012の作品<alegria 喜び>
その他のニュース | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/61 PAGES | >>